映画ザ・ブリザードについて

これは実話をもとに製作された映画になります。

これは1952年のお話です。

バーニーと言う男性が友人と共に女性達とデートをする事になり、そこで初めてミリアムと言う女性に会います。

そして人目見てお互いに気に入ったため交際がスタートし、それからある日の事二人はダンスパーティーへ。

そしてそこでミリアムは私と結婚してほしいと言うのです。

これはバーニーにとってあまりにも突然の事だった為なんとNOと言ってしまいます。

それと言うのもバーニーは湾岸警備隊と言う仕事をしていた為でもありました。

その為悲しませる事はしたくないバーニー、でもミリアムの強い思いが結婚を決心させましたね、またそんな中海では真冬の嵐と言う事でSSペンドルトン号とSSマーサー号が大変な事になっていたのです。

波に打ち付けられた事で船体に亀裂が生じそしついに限界が。

またそれにより船が真っ二つに割れてしまったところは衝撃的な光景だったなと思います。

その為SSマーサー号は沈みSSペントルトン号だけ残る事に。

そこで救助命令が急遽入りバーニーを含め4名が小さな船を使い救助へ向かう事になったのです。

ここも波の嵐と言う感じで本当命がけの救助でもありましたね。

またなんとか波を乗り越え辿り着いたのはいいものの救助船は定員が12名、でも船員は33名と倍以上もいた事に気づきます。

でもバーニーは過去に同じような嫌な思い出があった事から全員助ける事を決断するのです。

ここのシーンでは一人一人救助する中エルドンと言う男性が降りるのを躊躇していた事に気づいたシェフのタイニーが気を使い、俺が降りる事が出来ればエルドンも出来ると先に降りる事になったのですが、この時丁度船体が大きく傾いた事でタイミーは体を激しく打ち付けられてしまいそのまま亡くなってしまう事になるのです。

これはなんとも悲しいお別れでしたね、本当降りるタイミングが悪かったとしか言いようがないかもしれません。

でもそれ以外の32名は無事助ける事が出来たのはバーニーのお陰でもありまた奇跡でもありました。

そして最後には一番心配していたミリアムとバーニーが抱き合うシーンはとても感動的だったなと思います。

これが実話と言うのが本当凄いですね、これは改めて海の恐ろしさを知らされるそんな映画でもあったなと思います。