プライベートライアン

戦争映画全体の金字塔とも、記念碑とも言える映画ですね。

あまりに衝撃的すぎて、戦争映画は、プライベートライアン以降と以前では、大きく変わったと言われています。

実際にそう思います。

ブラピのフューリーも大きな影響を受けていると言わざるを得ないでしょう。

また、その他にも、プレステソフトの代表とも言える、「コール・オブ・ディユーティー」なんかにも多大な影響を及ぼしたと言えます。

そんな、1998年公開のスピルバーグ監督映画作品 プライベートライアンです。

たことない方のためにあらすじです。

ノルマンディー上陸作戦の後、ミラー大尉(トム・ハンクス)と8名の部下が、兄弟が全員戦死したライアン2等兵を探す作戦に出発する。

簡単にいうとそんな映画です。

この映画は、最初のノルマンディー上陸作戦までを、前半戦とするなら、後半は、ライアン2等兵を捜索救出に行くという2部構成となっていると言えるでしょう。

前半の、ノルマンディー上陸作戦の映像は、酷いとしか言いようがありません。

単にアメリカ映画にあるような、アメリカ万歳的な映画とは、一線を画しています。

実際に、作戦し参加した方を招待して試写会を行ったらば、観ていた全員が恐怖を思い出し立てなくなったと言われています。

しかしながら、1人の2等兵を探して救出に行くために、多くの犠牲が出てしまいます。

ともするとそこまで、犠牲があると上層部の欺瞞なのではないかと勘ぐってしまうような人も出てくるかもしれません。

しかしながら、そんな欺瞞を吹っ飛ばしてしまうようなシーンもきちんと用意されており、本当によくできた映画だと感心してしまいます。

1998年にできたとしても、全く古さを感じさせません。

悲惨な戦争を繰り返さないためにも、観ておくべき映画だと思います。