ジュラシック・パーク

今日ご紹介したいのは、1993年に公開された「ジュラシック・パーク」です。

有名、かつヒットしたので、ほとんどの方がご存知とは思いますが、当時この映画のインパクトは非常に大きいものでした。従来の映画と比べCGがよりリアルになったことなどから、アカデミー視覚効果賞受賞を取っています。

トーリーは、恐竜の生きていた時代、恐竜の血を吸った蚊が、樹液につつまれます。それが琥珀となり今現在、発掘されます。その中に残った恐竜のDNAを再生し、足りない部分はカエルのDNAで補い、現代に恐竜を復活させます。その恐竜のテーマパークを作ろうとしていく中、専門家からアドバイスをもらうため、パークの下見をしてもらうところで起きてくることが映画となっています。

最初の見所は、パークの中に足を踏み入れた古生物学者のハモンド博士らが、草食恐竜に出会う場面です。巨大恐竜のスケールの大きさに圧倒されます。

そして次の見所は、実際にパークの見学ツアーに出かけるときに嵐が訪れ停電となり、子どもたちがティラノサウルスに襲われてしまいます。恐竜が近づきつつあることを水面の波紋で表し、実際に足音が聞こえてきて、ついには恐竜の叫び声がすぐ間近に聞こえてと恐怖を徐々にあおるところがすばらしいと思います。

また、CG以外にも実際の模型や装置をふんだんに駆使して製作していったということですが、恐竜に襲われるところが非常にリアルで、どきどきしながら映画を見ていました。

最後のクライマックスである2匹のラプトルに襲われる場面も、ティラノサウルスが出てきます。

この映画の主人公は、間違いなく恐竜たちです。以後シリーズとして計4作ありますが、まずはこの作品を見て欲しいと思います。