DVD買取で断捨離

ここ数年前から断捨離がブームになっていますね。
断捨離前と断捨離後の部屋の写真が雑誌に載っていたりして、
比較してみると歴然の差です。最近では何もない部屋の写真が好評だそうです。

私は断捨離についての本と、心がときめく片付けの魔法の
本を読んだ事があります。興味深かったが、書いてある事はまだ
実践していません。今私が処分出来る物があるとしたら、洋服とDVDくらいでしょうか。
CDはそれほどないし、本は図書館で借りるので、
めったに増やす事はないから、部屋にあるCDや本に関しては厳選された物ばかりです。

洋服ははやりものをすぐ買ってしまうのでたくさんあります。

そしてなんといっても、DVDが大量にあります。

気に入った映画などのDVDやブルーレイは絶対に買うので。

http://おすすめdvd買取.net/

高く売れるのであれば、今までためてきたDVDも思い切って買取に出そうかと思っています。
一度母に言われたのですが、私の部屋は雑然としているそうです。
私はそう思っていなかったのですが、母の理想はシンプルな部屋なので
それからかけ離れていたのでしょう。私もシンプルな部屋を見ると
清潔感があって片付いているという印象はありますが、
その部屋に何かを置きたくなるので、困ったものです。

最近小川糸さんや大橋歩さん、松浦弥太郎さんのお宅のようなインテリアが
気になります。生活感を感じさせるものは一切置かず、自分が好きな絵や
雑貨をほんの少し飾るコーナーを設けてあります。断捨離や片付けの魔法の本で
良い所は、全部を捨てなくても自分好みの部屋に出来るという事ですが、もしもそれを
実践してそんなインテリアに出来るのなら、大いに活用したいです。

断捨離をする事でその人の生き方がぶれないようになったら、儲けものです。
買う時と同様、捨てる時も良く考えて捨てたいと思います。

ユニコーンのDVD

ユニコーン~奇跡の航海~』
ファンタジーが好きな人なら絶対ファンになると思います。
2000年の作品で、初めて観たのは小学生のときでしたが、斬新な設定にとてもビックリしたのを覚えています。大人になってもどうしても忘れられなくて、中古のDVDをブックオフで探して購入し、今でも定期的に鑑賞しています。
心を浄化したい、神秘的でファンタジーな世界に浸りたい…そういう人にオススメの映画です。
当時子どもだった私が驚いた設定とは、物語に登場する神話や伝説上の生き物たち。通常は悪役として登場するミノタウロスやメドゥーサが、本当は心がとても優しくていい人、という設定で話が進んでいくのです。
現代ではこういう設定(悪者と思っていた人が実は良い人)は、たいして珍しくもないですが、当時はあまりなかったと思います。
悪は悪で、正義が倒すべきもの。絵本や児童小説に出てくる鬼や妖怪はみんな悪いヤツで、桃太郎などの正義の味方がやっつけて、めでたしめでたし…という内容が多かったので、この映画を観たときは本当に驚きました。
忌み嫌われている人たちも、心の中には孤独や辛い過去、苦痛を抱えていて、本当は誰よりも優しい心を持っている…。そのことに気づかせてくれた作品です。
主人公である父親と娘2人の家族と共に、味方となって闘ってくれる彼らの姿は本当に頼もしいです。妖精たちやドラゴン、ユニコーンも登場するので、神話好きの人にはたまらない映画だと思います。

ディズニー映画『ムーラン2』のDVD

ディズニーの名作『ムーラン』の続編。
第一作目と比べてマイナーですが、私は大好きでよく部屋でDVD鑑賞しています。
父親に代わり見事に国を救ったムーラン。共に敵と闘ったシャン将軍から結婚を申し込まれ、2人は婚約することになります。しかし喜びも束の間、2人は皇帝から呼び出され、「3人の皇女を同盟のために隣国に嫁がせるから、無事に送り届けてほしい」と命じられます。
命令を承諾しつつも政略結婚に納得がいかないムーラン、本当は普通の女の子として好きな人と結ばれたいと願う皇女たち、旅の途中に襲い来る山賊、ムーシューの悪だくみ、ムーランとシャン将軍の対立……様々な要素が複雑に絡み合いながら、物語は進んでいきます。
やっぱり女の子なら、顔も見たことのない男のもとに嫁ぐより、素敵な人と恋をして結婚したいですよね。私もムーランや皇女さまたちに共感しながら観ていました。
途中にちょっと泣けるシーンも…。
『ムーラン』に限らずディズニー映画の一番の魅力は、歌と音楽だと思います。私がこの『ムーラン2』を繰り返し観ているのも、物語の中で流れる歌が大好きだからです。
ムーランが子どもたちに、強くなるための基本を教える歌や、皇女たちが「普通の娘になりたい…!」とあれこれ想像しながら歌うシーンはとても楽しく、思わず一緒に口ずさんでしまいます。
一作目の『ムーラン』では鍛錬を積むシーンや戦闘シーンが多く、まさに「たくましく生きる女」がテーマという感じでしたが、それに比べると『ムーラン2』は完全に女の子向けという印象です。友情や勇気のほかに、「恋」がテーマにもなっているので、甘酸っぱい初恋の味にキュンとしたい女性にもおすすめです♪

『スラムダンク』の劇場版DVD

今日は大人気バスケアニメ『スラムダンク』の劇場版DVDを紹介します。 

原作コミックやテレビアニメはとても有名ですが、なぜか映画のほうは知っている人が少ない気がします。
2枚1組で、約30分のストーリーが4話収録されています。
私のお気に入りは、1995年3月に公開された3作目の映画「湘北最大の危機!燃えろ桜木花道」です♪
アメリカでバスケ修行の経験があるマイケル率いる緑風高校と対戦することになった、湘北高校バスケ部。
ちょうど海南戦に敗れた直後で、全国大会出場に向けて崖っぷちの湘北は、絶対負けられない戦いに燃え上がります。
しかしこの緑風高校バスケ部がかなり強い。各中学校から精鋭をスカウトし入学させて、わざわざバスケ部専用の体育館までつくるほど、バスケに力を入れている学校だったのです。
主将のゴリは足を負傷していて無理はできない、副将の小暮さんは試合途中に脳震盪を起こし倒れてしまう…この間にも点差は開いていく。どうする湘北!?頑張れ花道!と、ショートストーリーながら手に汗握る展開が繰り広げられます。
流川の活躍、三井のスリーポイントなど、他のキャラクターたちの見どころも盛りだくさんです。
スラムダンクファンで、まだ劇場版を観たことがないなら、絶対おすすめ!
もちろん、他の3話も面白いですよ。

映画DVDなどを紹介していきます

私は映画がとても好きです。

このブログでは、好きな映画などのDVDをたくさん紹介していきたいと思っています。

また、最近始めたものになりますが、ネットでレビューが付いてない隠れた名店を見つけるのが私の趣味です。ドラマやバラエティ番組の影響があってか、そういうことをしてみたくなったのです(笑)。ただ、やはりドラマみたいにはなりません。今年から始めて10軒程度になりますが、これぞ隠れた名店なるものには当たっていません。贅沢かもしれませんが値段相応の味といいますか…、やっぱり素人には自力で隠れた名店を探すのは難しいのかも、と考え始めていましたが、この間、ようやくピンとくるお店にめぐり合えました。年配の女性店員がレジで待機している小さい喫茶店でラジオもかかってないところだったのですが雰囲気は悪くありませんでした(客が自分一人だけだったからでしょうか)。年配の女性店員がやってきたので、注文はコーヒーゼリーにしました。携帯でメールの返信をしながら待って数分、カウンター席に注文した一品が運ばれました。早速、一口。すると、コーヒーならではのビターな味わいと後から追いかける濃厚なミルクの甘さが口に広がりました。1分もかからない内に食べ終えていました(笑)。それだけ美味しかったのとコーヒーゼリーの美味しい隠れた名店を見つけたぞという感動があったのだと思います。時間の空いた時にやる趣味で、ハズレも多い結果になることも多いですが、この感動があるのなら、これからも続けていこうと思いました。